国内航空券 安く購入する方法

え、コレだけ!?国内航空券はもっと安く購入できる!

え、コレだけ!?国内航空券はもっと安く購入できる!

国内航空券を少しでも安い価格で購入するためにはある程度のリスクがあるものの、リスクさえ回避できればよりお得に旅を楽しむことができます。

 

たとえば、国内航空券は基本的に、旅行会社で購入をしても航空会社に直接申し込みをしても料金は同じです。しかし少しでも安い価格で購入するためには、早割などをうまく利用するのがおすすめです。

 

また、どこで購入しても国内航空券の料金が変わらないため、クレジットカードのポイントを貯めている人にとってはクレジットカードが利用できる旅行会社を選択してみるのもおすすめです。

 

 

国内航空券の早割とは、通常は予約と同時に決済、払い戻し不可、予約と同時にキャンセル料が発生する、当日の便の変更は不可、などのある程度のリスクがあります。また国内航空券に関していえば、早く購入すればするほど安くなる傾向にあります。

 

そのため、もっとも早いものであれば数か月先のものまで発売しているものもあり、スケジュールが確定しているのであれば、数か月先のものを購入することができます。

 

通常の国内航空券では、一番高い変更可能なチケットで片道3万円前後が相場となっているのに対し、早割であれば1万円以下で購入できるものもあります。

 

ただし、ある程度早割の枠は決まっているため、航空座席に余裕があっても満席と表示されることもあるので、発売日になるべく予約をするようにしましょう。また、早割はお盆や年末年始などのピーク期とよばれる時期には対象外となっていることが多いので注意するようにしたいところです。

 

パッケージツアーは通常の国内航空券の早割とのルールなどが全く異なるので、そこも注意しましょう。

 

 

更に、早割の中でもリーズナブルな価格で購入したい場合には、チョイスできる時間帯をなるべく幅広くもつということもポイントになります。早朝便、昼過ぎの便などは他の時間帯に比べて格安価格となっていることが多いので。

 

また、目的地の近くに空港がいくつかある場合には、どの路線がもっとも安く、どの時間帯がもっとも安いのかを調べてみるのもおすすめです。

 

 

例えば、関西エリアの場合は、伊丹空港、神戸空港、関西国際空港などの3つの空港があります。

 

これらの空港は早朝から深夜にいたるまで主要な駅などへバスを運行させているため、所要時間の差こそあるものの、さほど不便を感じさせません。

 

そのため、各空港から目的地までの交通費も合わせて検討をして国内航空券を購入すると、トータルの金額を少しでも安く購入することができるので重要なポイントです。

ホーム RSS購読 サイトマップ